SHARE


友達がピアノやギターを演奏するのをみて、「楽器が弾けるっていいなぁ…」と思ったことはありませんか?

ピアノやギターをもっていなくても、「OTOTO」があれば、食べ物やお鍋を楽器にして音楽を奏でることができちゃいます。



OTOTOはオールインワンの音楽発明キット

OTOTOと楽器にしたいものを導線でつないで手でたたくだけ。あっという間に新しい楽器が完成!

お鍋、風船、ブロッコリー、リンゴ、など導電性のものであれば、なんでも楽器になっちゃいます。



食べ物やお鍋を楽器にするだけじゃなくて、OTOTOのキーを変更することで、同じものでも音の種類を変えることもできちゃいます。太鼓の音もピアノの音もお任せあれ!



KickstarterのプロモーションビデオではOTOTOを使ったセッションの様子が写っています。楽しそう!


何でも楽器にしちゃうOTOTOの魔法の秘密はスピーカーの周りについた「4 sensor inputs」という4つの入出力装置。

ここから音の揺れや音色、音量などをコントロースすることができて、これらを組み合わせることで、多様な音を出すことができ、シンセサイザーのような機能を果たしているんですね。



クラウドファンディングサイトKickstarterのキャンペーンでは日本円で約1000万円を調達したこのプロジェクト。

Kickstarterで買い逃した! という方はこちらから予約購入できます。


Kickstarter

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense