このスプーンのようなレンゲのようなカトラリーをご存知ですか? これはフランスで活動するAïssa Logerot氏がデザインした、「Spoonplus」というもの。使い方は3通りあり、「スプーン」、頭を外して使える「お箸」、そして「お醤油差し」です。




洋食でもそうですが、日本食は、お茶碗に盛られたご飯やお寿司などの主食、お味噌汁、お刺身や肉料理、串、小鉢など、様々な食べ方の料理が提供されます。このカトラリーは、日本のコース料理も想定して使えるようになっているそうです。だからお醤油差しも付いているんですね。



日本食は世界でも人気がある料理の1つですが、やはり外国の方にとって難しいのが箸使い。最近はアジアの方以外でもきれいにお箸を使っているシチュエーションを見かけることがありますが、どの食事もお箸というのは慣れない外国の方にとって辛いかもしれません。

特にスープをスプーンで食べる習慣がある人にとって、お味噌汁はスプーンで食べたいのではないでしょうか。



このプロダクトはまだ発売はされていないようですが、海外の日本食レストランや、外国の方がよく来る国内の和食のお店また外国の友人にプレゼントするなど、色々な用途に使えそうですね。

ユネスコの無形文化遺産に登録され、世界でもより注目を集めている「和食」。折角なので、世界中の方にお箸の良さを味わってもらいつつ、食べやすい方法で日本の食文化を楽しむ人が増えると嬉しいですね。

SPOONPLUS by Aïssa Logerot[this is paper]
aissalogerot.com

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense