これでもう、酸素ボンベを背負わなくても済む?



海に潜るダイバーたちが使用する酸素ボンベ、慣れないと意外と呼吸が難しいのだそうです。扱いも容易ではありませんしね。もっと手軽に扱える呼吸器があればいいのに。



韓国のデザイナーJeabyun Yeonさんが考えたコンセプトガジェット「TRITON」は、シンプルにただ噛んで呼吸するだけというぜひ商品化して欲しいポータブルな酸素呼吸器なのです。



ベースとなる技術は、人工的なエラ

水分子よりも小さな多孔質の繊維系素材で水をフィルタリングして酸素を取り出すという仕組み。高性能のマイクロコンプレッサーで酸素を圧縮・抽出し、それらを次世代バッテリーで駆動させます。





一昔前では決して実現不可能だったコンセプトですが、近い将来には決して不可能ではなさそうですね。

モックアップを見る限りでは、とても扱いやすそうで購買意欲をそそられます。魚のように自由に潜れる力を手に入れられる日が近いかも。

TRITON [Behance]
Scuba Breath [YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense