SHARE


なんとも意味深な会話です。

アーティストのミリアムさんは、モダンアートの世界を面白い切り口で紹介する「We Go To the Gallery」という絵本を制作しました。

内容は、古き良き時代の家族、ママ、ジェーン、ピーターの3人がモダンアートの展覧会に行くという話。そこで繰り広げられるちょっとおかしな家族の会話から「モダンアートの楽しみ方」を知ることができます。

手描き風イラストと文章とのギャップが笑いを誘う作品。例えばこんな感じに。

ジェーン:ここのアートは、面白いの?
ママ  :いいえ。面白いかどうかは重要じゃないわ

部屋にはなにもありません。ピーターはわけがわかりません。ジェーンもわけがわかりません。でも、ママはハッピーです。

ママ  :この部屋には何もないのよ、神様は死んだから
ピーター:なんてこったい!

ピーター:僕もこの風船で遊びたい!
ママ  :ベンチャーキャピタリストだけがこの風船で遊べるのよ

ピーター:見て! ウサギが死んでる
ジェーン:でも、幸せそうよ

キャンバスは真っ白です。ジェーンも真っ白です。
キャンバスは真っ白です。ジェーンも真っ白です。

滝の映像が流れています。

ピーター:滝って止まるのかな?
ママ  :違うわ! 死は幻にすぎないのよ

ジェーンはトイレに行きたいようです。

ジェーン:ママはアーティストなの?
ママ  :ママはアーティストにはなれなかったの、あなたたちを産んだから。

ピーターとジェーンは後ろめたい気持ちになりました。

 

家族が訪れたこの展示会は「セックスと死と神」をテーマにしたもの。ここでは紹介できませんが、けっこうキワドイ内容のものもあったりします。どっからどう見ても大人向けの絵本となっています。

こちらの「絵本」はキックスターターで資金調達に成功。数量限定で製本化となり20ポンドで販売されていましたが、現在は品切れ中とのこと。次はぜひ日本語版も出版してほしいところです。公式サイトはこちらから。

分かりずらい「モダンアート」の世界もこのように見ると、とても面白いものに。美術館デートの前には読んでおきたい一冊ですね。

new book pokes fun at modern art [independent]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense