SHARE


芸術は爆発だ!

そんなアートをたくさん生み出しそうな、空中に絵を描くことができるペンがいよいよ発売するんですって。



アメリカのクラウドファンディング『Kickstarter』に投稿されるとすぐに大きな話題を呼び、資金調達に成功して、2013年に開発された世界初のペン型3Dプリンター「3Doodler」。

熱によって溶けた樹脂がペン先から押し出され、空中に線を描くようにペン先を動かすと思いのままの立体アートができあり、溶けた樹脂は適温で冷えて固まるので、カラフルな作品を短時間で作ることができるんです!



「絵を描く」と言えば、平面に描くことが多かったと思いますが、これからは、いつでもどこでも、すぐそこにある空間に描き始めれば、頭の中に描いていたものが立体となって現れます。



馬も立体的!



建築の現場でも使える!?



あの絵を模写!



クリスマスのオーナメントや飾りなども自作できちゃう。

少し練習が必要かもしれませんが、描いて創るという新しいアートの世界を広げてくれそうですね。

子どもたちの創造性を育み、そして、もちろん、大人だって、このペンを利用して、アクセサリーを作ってみたり、仕事に役立てたりすることもできそう。

4月初旬の発売予定だそうです。ああ、これはワクワクしちゃうわ!

参考記事:一体どうなってるの…。世界初3Dペンが何だかすごいぞ

[3Doodler]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense