子供の頃、空の雲を眺めながら「何かの形に見えるなぁ」ってぼーっと過ごしていたことを思い出します。



トリノで活動するフォトグラファーElio Pallardさんは、空の雲を撮影してそこに「山」「海」「砂漠」を感じ、「Playing with Clouds」なるユーモアあふれる合成写真作品を作り出してしまいました。


地上の様々なアクティビティーをクリエイティブなセンスで雲に置き換えたアドベンチャーな一コマ。



今もきっと窓から見える空には雲が。あなたならそこに何を見ますか?

Photographer Re-Imagines Clouds as Magical Landscapes [MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense