SHARE


ぼやけた風景の中にレンズを通してみる視角だけがくっきりと映し出される、近視の人には日常的な視野。



裸眼で見える世界と眼鏡を掛けた視野のギャップを、ニューヨークのワンシーンでGIFアニメにした「Seeing New York」がどことなくメランコリックで素敵な情緒を生み出しています。



フォトグラファーJamie Beckさんとビジュアル・グラフィックアーティストのKevin Burgさんによる作品。写真が部分的にアニメーションになっている「シネマグラフ」という技術で作られた画像を、まるで眼鏡を通して眺めるかのような表現方法を融合させてちょっと不思議な視覚効果を生み出しています。



そこに写し出される世界観はまるで、自分が直接見ているもの以外は実はおぼろげに見えているだけなんだ、という何とも言えない人生観を教えられているかのようです。

こういうの、なんかいい。

Looking at Lively New York Scenes through an Artist’s Glasses [MY MODERN MET]
Seeing New York [Ann Street Studio]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense