自分の街を思い出す時の風景って、自分の思い出がたくさん詰まってますよね。

夕暮れの通学路だったり、朝練に向かう早朝の駅だったり。同じ街でも人によって見え方が全然違うものです。

これらの写真はNY在住のグラフィックデザイナー、Tim Sklyarovさんが捉えたニューヨークの街並。



自転車でマンハッタンを駆け抜ける彼らにとってニューヨークとはこんな街なんですね。



あなたは自分の街をどんな風に見ていますか?

[New York through the eyes of a Road Bycicle]
[Tim Sklyarof Website]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking