SHARE


ここ数年は仏像ブームが続き、お寺や博物館の仏像展、仏像鑑賞ツアーなども人気だそうです。仏像の慈愛に満ちた表情、凛とした姿を見ていると、心がしんと鎮まり、穏やかになれる気がします。

TanaCOCORO[掌]」は、国宝をはじめとする有名な仏像を中心に、精巧な造形を20センチサイズに凝縮。置き場所を選ばず、さまざまなタイプのお部屋に違和感なくとけこむので、仏像の魅力を身近に楽しむことができます。



こちらは「TanaCOCORO[掌] 阿修羅」。憂いを帯びた美しい表情に見入ってしまいます。



新登場の「TanaCOCORO[掌] みかえり阿弥陀」。静かに振り返り、あらゆるものを救う阿弥陀如来の慈悲深い姿を表しています。

タイプは15種類。職人がおよそ2か月をかけて、表情や身体の動き、光背などのディテールまで再現した原型を制作。さらに型抜き、磨き上げ、彩色といった行程を経て、一体一体手作りで完成させています。

お部屋にお気に入りの一体を置いて、心静かに自分と向き合ったり、祈ったりする時間を持ってみるのもぜいたくですね。

イSム

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense