コンニチハ、ワタシの名前はタイムトラベラー・ルミですヨ。あの頃に戻って人気の記事をピックアップ、編集・修正して改めてご紹介しますヨ。今回はさかのぼること2013年12月7日から、気になる記事を拾ってきましたヨ。

Mark Wagerさんはニューヨーク、ブルックリンを拠点に活動するコラージュアーティストです。Wagnerさんの作品はどれも緻密に美しく組み合わされているのですが、注目すべきはその材料に1ドル札を使用していること。

Wagnerさんにとって1ドル札はただの紙であり、材料なのです。コラージュを作る為、まず材料である1ドル札を丁寧に一枚一枚カットして分解し、そのパーツごとに分類します。あまりに多くをカットする為、たまに本当にこれがお金であるということをすっかり忘れてしまうそう。

しかし1ドル札を破壊し、材料として使うアクションそのものが、人々の注意を自分に引き寄せているのだとWagnerさんは語ります。






作品の内容は貨幣に関するものになるよう心がけているそうで、貧富の差や富のなす力、アメリカの本性、資本主義の脅威、アメリカンドリーム等、お金を取り巻く様々な問題が題材になっています。






1ドル札は世界で最も有名な紙であり、多くの人が毎日手に取る最も手に入りやすい紙。人々に富をもたらしながらも、命をかけて戦う原因にもなりうる紙。

しかし結局はただの紙であり、お金、貨幣は存在しない。私たちが勝手に作り上げたものだ。」とWagnerさんは言います。

Wagnerさんと彼の作品を紹介するビデオです。



お金はただの紙」みなさんはどう思いますか?

[Mark Wagner]

Text by Kanako

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking