20140214ECst001

SHARE


一見すると不思議な凹凸のある小皿。そこへしょうゆを差してみると、思いのほかくっきりと愛らしい桜が浮かび上がります。

こちらは「hiracle(ヒラクル)」と名づけられた九谷焼の桜小皿。

置物の制作などで培われた、造形的に高い技術を持つ窯元と、金沢を拠点に活動するデザイン事務所「エイジデザイン」のコラボレーションで生まれたプロダクトです。



干支の置物など立体的な造形が得意な窯元の仕事が光る

しょうゆをはじめとする調味料を注いだ際に、美しく桜が浮かび上がるように計算されたデザイン。磁器の厚みを変えながら実現する繊細な表情と、食器としての強度や使いやすさが気持ちよく共存しています。



少量の調味料でも桜の形はくっきり出る

ソメイヨシノの桜を再現したという淡いピンクと普段使いしやすいホワイトの2色。

自分の小皿にしょうゆを差すとき、お客様であっても、しょうゆを注ぐという行為は自身でやることが多いもの。

「おしょうゆ、どうぞ」と手渡されて、何気なく醤油を差したとき、手元でくっきりと、桜が咲き始めます。

愛らしく縁起のよさそうな桜小皿に、家族やお客さまは思わず笑顔になることでしょう。



和菓子を盛り付けてもサマになる

やわらかなくぼみのお陰で、盛り付ける料理によってはすくいやすいという利点も。醤油皿としてだけではなく、小皿として普段使いできる器の大きさも魅力の一つです。

こちらの商品はスタイルストアから購入できます。

[hiracle 桜小皿]

20140214ECst001

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense