この数年、ニューヨークでは大型のスーパーマーケットが続々とオープンする一方で、よく見かけるようになったグルメ・グローサリーストア


Photo by thisisbossi

小規模ながら、ローカル産の食材や商品を中心にした独自のセレクションと、ブランディングからディスプレイまでとにかくセンスがよいのが特徴です。感度の高い若者が住むエリアには必ずと言っていいほど、このグルメ・グローサリーストアがオープンしています。



そんなお店の一件でみつけた、シンプルながらインパクトのあるロゴの「The Good Batch」。Made in Brooklynの文字に思わず手に取ってみました。

The Good Batch はブルックリンをベースにする、オランダの焼き菓子に影響を受けたアメリカン・ダッチベーカリー。



ダッチ定番の”ストルーフワッフル”が有名ですが、私のお気に入りは、ソルトが効いた焦がしバターのショートブレッド、“ブラウンバター・ソルティー”。塩入チョコレートやキャラメルなど、お菓子の世界ではしょっぱ甘いフレイバーがこの数年トレンドのようですが、このショートブレッドはかなり塩が効いています。

そのしょっぱさが、こんがりバターの甘い香りとリッチな味わいをより引き立てて、癖になるおいしさ! 一枚あたりのカロリーを想像するのが怖い…危険なクッキーです。

他にも“チョコレート・ロイヤル”や“ハニー・ベアー”などなど、魅惑的な焼き菓子がラインナップしています。

オンラインで購入できる他、ブルックリンを中心にマンハッタン内のグルメ・グローサリーストア、そして週末開催されているBrooklyn Fleaでも購入することができます。

ニューヨークのお土産に、ぜひクールなパッケージの危険なクッキーを!

The Good Batch

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense