SHARE


普段あまり使うことのない、蝶ネクタイ

フォーマルなアイテムの割に、あまり日本人の男性には人気がありません。でもこのイタリアの「vinyluse」社の木製の蝶ネクタイなら普段着のワンポイントとして使えそうです。



彼の名前は「Andy」。ドットの模様と赤いリボンのアクセントがとてもかわいいです。白いシャツに合わせるととても映えますよね。



彼は「leonardo」と言います。斜めのストライプとグリーンのチェックの組み合わせが男らしさを感じます。あわいストライプ系のシャツと相性がよさそうです。



ひげ型の蝶ネクタイ。もはや蝶ではありません。ひげです。

そして彼の名前は「dali」。モチーフはもちろんあの「ダリ」です。真ん中のドクロがあまりダリっぽくありませんけど、かっちりしたダーク系のスーツにとても合う、遊び心のあるデザインです。



これらの蝶ネクタイは使い古された木製の家具のリサイクルなんです!

木の部分に哀愁が漂っているのはきっとそのせいでしょう。きれいな木から作られるのでなくて、使い古された家具から作られるからこその雰囲気が、そこにはあります。他にもいろいろなモデルがあるので、購入を希望のかたはこちらの『vinyluse』のWebサイトをご覧ください。

wooden bow ties made from recycled furniture[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense