SHARE


このトップの写真。ホントに手が画用紙に乗ってるように見える見事な3Dらくがき。実は5色くらいのマジックがあれば簡単に描けるんです!

準備物は

  • 細いカラーマジック・・・1
  • 太いカラーマジック・・・5,6本(色違い)
  • えんぴつ
  • 画用紙

これだけです。それでは続いて描き方。



1.まずは画用紙の上に手を置いて、その手の型をえんぴつなどでトレースして下書きします。

 



2.下書きなのでうっすらと見えればOK。



3.下書きに合わせて、細めのカラーマジックで手の部分にふくらみを持たせるように横にラインを等間隔で引きます。この工程が一番難関です。



4.そのまま続けて、画用紙いっぱいにラインを引けたらもうできたも同然!すでに手が浮いて見えますよね。



5.細いカラーマジックで描いたラインに沿って、太めのカラーマジックでラインを描きます。



6.太めのカラーマジックでどんどん色を変えながら横にラインを描いていきます。



7.隙間なくどんどん描いていきましょう。ここまでくるとだいぶライン引きも慣れてきたはず。



8.全部塗り終えたら完成です!

ちなみに説明動画もありますので、お時間あるときにでも参考にしてください。

こんな風に工夫次第でおもしろ3Dらくがきが描けるとは、目からうろこでした。是非お子様といっしょに挑戦してみてください。

3D Handprint [Handmania]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense