SHARE


皆さんは普段どんなマグカップをお使いですか? 今日ご紹介するのは、灯りにかざすと透けるような厚さのマグカップ。

このマグカップを製作しているのは、北海道旭川のロクロ挽きによる木製テーブルウェアブランド『高橋工芸』さん。北海道産の「セン」の木を、ロクロでひいて作った繊細で珍しい木の飲み物の器です。灯りにかざすと透けるような木の厚みはなんと約2ミリ! その薄さからKAMIと名付けられている、人気シリーズです。



飲み物の暖かさがじんわりと伝わるマグカップはガラスや陶器のそれとは違い、不思議と手になじみます。使えば使うほど味わいがでて、視覚的に経年変化を楽しむことができます。木ならではの口当たりの良さもたまりません。商品のラッピングもとっても可愛いんです。小さな子やお年寄りにも安全なデザインと素材が、ギフトにもぴったりです。



まだまだ寒い日が続く中、暖かい飲み物と木のマグカップとともにほっこりリラックスされるのはいかがですか?

購入はこちらから。

[minka]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense