SHARE


越前漆器は、1500年以上の歴史を有する日本の代表的な伝統工芸のひとつ。長い年月をかけて継承されたこの伝統技術を活かし、21世紀の私たちの日常生活に寄り添うために生まれた漆器ブランドが、「aisomo cosomo(アイソモ・コソモ)」です。

「aisomo cosomo」は、1793年創業の老舗漆器メーカー・漆琳堂(福井県鯖江市)によって2010年に立ち上げられたブランド。“愛想も小想も(あいそもこそも)”というユニークな和の語感をブランド名として掲げ、愛想、すなわち、人へのもてなしや心遣いを、漆を通じて表現しようとしています。

「aisomo cosomo」のプロダクトは、毎日の暮らしの中で使い続けることのできる、シンプルさと扱いやすさが特徴。モスグリーン×オレンジ、ベージュ×ピンクなど、フレンチ雑貨を思わせるポップな6パターンのカラーで展開されています。

たとえば、人気商品の湯呑み(yunomi)は、日本茶のみならず、コーヒーや紅茶のカップとしてもオシャレ。陶器よりも軽く、手に触れると、漆器ならではの温かさや安らぎが自然と伝わってきます。



また、飯碗(meshi-wan)は、軽く、熱が伝わりづらいので、毎日、安心して使えます。ポップながら、つやっぽい色彩は、漆器だからこそ表現できる美しさ。使えば使うほど少しづつ変化していく色を楽しむのも粋ですね。



「aisomo cosomo」は、これらのほか、まめ皿(mame-zara)汁碗(shiru-wan)小鉢(kobachi)などもリリース。中川政七商店公式通販サイトなどで販売されています。

aisomo cosomo [漆琳堂]
aisomo cosomo オンライン通販ページ [中川政七商店公式通販サイト内] 

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense