利根川サライ

利根川サライ

1


自転車に乗っていて道を調べる時にポケットからiPhone取り出すのが面倒。でもゴツいマウント付けるのもなんだかなぁ。

そんなこだわりのあるチャリ乗りのニーズを絶妙に満たすアイテムが日本が誇るカバンメーカー『PORTER』から登場しました。

『LOWERCASE × PORTER for CANDYRIM “Mobile Case”』が優れているところは、2wayで使えるところにあります。



こんな風に自転車のフレームに付けておくと、運転中でも安全にサッとスマホで地図を見ることができます。



フレームから取り外してラゲッジにすぐに取り付けが可能。メッセンジャーバッグなどにも合いそうですね!



LOWERCASEのクリエイティブディレクターと販売店の『Candyrim』の意見を取り入れて、日常感じていたフラストレーションを解決するモノ作りをしたとのこと。



サイドの『PORTER』のラベルが眩しいっ。

ケース素材は“X-C1000”。これはPORTERが開発した生地で、耐久性に優れたコーデュラ(R)1000D ナイロンと軽量かつ防水性のあるX-Pac(TM)を組み合わせた生地です。自転車などのアウトドアでの活用にもってこいですね。

ミニマムなデザインと必要な機能を満たすアイテムに物欲そそられる方も多いのではないでしょうか。

コラボアイテムにつき売り切れも予想されますので、気になる方は下記リンクからポチッとしてみてはいかがでしょうか。

LOWERCASE × PORTER for CANDYRIM “Mobile Case” [Candyrim]

利根川サライ

IT企業在勤中に「Fab(ほぼ何でも作る)」という考えに触発され、モノ作りの世界へ片足を突っ込んだアラサー男子。スニーカーを愛し、チューンアップしたランドナーで日々放浪。モノの寿命を高めるためのメンテナンス作業が大好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking