オールドアメリカンな雰囲気の部屋に似合いそうなクールな壷。表面に描かれた顔、1セント(1ペニー)でできた蓋、そう、この壷は、どこもかしこもリンカーンで埋め尽くされているのです。

こちらは、アーティストのStacey Lee Webberと陶芸家のJustin Rothshankのコラボレーションによる作品。二人を結びつけたものが、他でもない、アブラハム・リンカーンに対する愛なのです。



アブラハム・リンカーンといえば、アメリカの奴隷制度の撤廃を実現し、今でも、アメリカでは歴代最も偉大な大統領に度々挙げられる人物。「人民の人民による人民のための政治を地上から絶滅させない」という演説は、言わずと知れた歴史に残る名演説ですね。

アーティストのStacey Lee Webberさんは、自らの芸術活動の意義を、「アメリカの家族と、アメリカの心である、労働者階級の人々の倫理の祝福(意訳)」と語っています。




アメリカ全土で名の知れた陶芸家であるJustin Rothshankさんによって、銅の光沢によりパターン化され、白と黒のニスが塗られた壷がStaceyさんの元に送られます。そして、Staceyさんの手で、リンカーンの顔が彫られた1セントコインをカットし、組み合わせたり、織るように蓋を完成させます。




シンプルながら迫力のあるクールなたたずまい。一流の腕もさることながら、二人の、リンカーンへの、そしてアメリカへの想いが伝わってくる、気骨ある作品です。

銅の光で、リンカーンの鋭く強くあたたかいまなざしまで感じてしまえそう。

Penny Vessel by stacey lee webber and justin rothshank [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense