この陰陽太極図のようなデザインの「Serveball」。なんと投げながら360°のパノラマ撮影およびビデオ撮影ができるスゴイやつなんです。



野球ボールくらいの大きさなので、小さい穴など通常では入り込めないところに投げ入れて、その奥周辺を撮影することができます。さらにこのServeball自身が発光できるので暗いところもバッチリ撮影できます。ネットワークを通じてリアルタイムの画像を閲覧することもできます。

詳しい紹介動画はこちら。

2012年に公開されたエイリアンシリーズの新作映画『プロメテウス』。劇中の遺跡の探索シーンをご存知でしょうか。ボール状のものが赤い光を放ちながら、遺跡内を飛び回り撮影し、マッピングするやつです。

さすがにそこまではいきませんが、このServeballなら、面白い動画や画像の撮影から探索、レスキューまで幅広い用途で活躍できそうです。ただいま開発中で実用化はもう目と鼻の先だそうです。

[Serveball]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking