SHARE


筆者は妻とふたり、京都の大山崎という小さな町でコーヒー豆を焙煎し、自ら運営する「大山崎 COFFEE ROASTERS」というオンラインショップで販売しています。

ポップアップストアでコーヒーをハンドドリップする機会が多く、日に日に強くなっていったのが、デザインが良く使いやすいドリップスタンドが欲しいという思い。

以前ルーミーで、アメリカ西海岸のサードウェーブ系コーヒーショップで出会ったユニークなドリップスタンドについて紹介しました。コーヒーだけでなく道具への強いこだわり、そして、彼らの「自分たちの仕事道具は自分たちで作る」という精神にとても共感しました。

そして私たちはオリジナルのドリップスタンドを作ることに決め、昨年末、ついに完成しました。

ドリップスタンドに求めたのは、屋外でも安心な安定性ドリップしやすい形状、そしてデザイン性です。設計をお願いした金属加工の専門家と議論を重ね、これらを実現させました。



こちらが完成したドリップスタンド。薄い平板と細い円柱を用いたシンプルなデザイン、しかも金属製で安定性は申し分ありません。ドリッパーに触れる面積が極めて少ないため、金属製ながらコーヒーの熱を奪いません。筆者愛用のハリオV60ドリッパー(02サイズ)用に設計されています。


さらに、ドリッパーを支える板がひょうたん型のスリム設計で、2連スタンドにも関わらずドリップ時にケトルの邪魔をせず、使い心地も最高です。



道具」は仕事の質に関わるだけでなく、仕事を楽しくしてくれる大切なモノ。色々な職業の人が様々な道具を生み出すようになれば、もっと楽しい社会になるはずです。

なお、こちらのドリップスタンド、販売の予定はありませんが、ご興味のある方は大山崎 COFFEE ROASTERSの問合せページもしくはFacebookページまでお気軽にご連絡ください。

All photos by Mayumi Nakamura

大山崎 COFFEE ROASTERS(大山崎コーヒー・ロースターズ)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense