SHARE


ついにスカルプチャーは実態の無い光の芸術に?



フランスの芸術大学ECALのアーティストBenjamin Muzzinさんが制作した「Full Turn」は、2枚の液晶パネルを張り合わせて360度回転させながら、表示される映像が立体的なスカルプチャーを作り出すという美しいアート作品。



表示される映像の変化に応じて、3Dに表われる光のオブジェも変化します。色も形も好きなものがデザインできますね。



どの角度からも同じように見えますし、バラエティーに富んだ映像マジックを楽しめます。



音楽に合わせて踊るような美しいスカルプチャー映像をお楽しみください。

回転したときに「美しく動きのある3D」になるように計算された映像テクニックが素晴らしいですね。人間の動きが映し出されているところも素敵。

もう少しコンパクトになって、一般家庭で楽しめるようなプロダクトになってほしいです。

3D Light Sculptures Created with Two Spinning Monitors[via MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense