SHARE


様々なヨガのポーズがありますが、基本的なポーズにアレンジを加えたポーズを練習することもとても楽しいヨガの練習になります。

以前にご紹介した三角のポーズのねじりバージョンもその1つです。

ねじりを加えることで内臓の活性化にも繋がります。

【やり方】

足を左右に大きめに開きます。

右足を外側に向け、左足をやや内側へ入れます。

吸う息に合せて両腕を肩の高さで左右に広げます。吐く息で両手を腰へ添えます。

吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で上半身を右にねじり身体全体が右を向くようにし骨盤を出来るだけ右足と同じ方向を向くように意識します。

吸う息で左手を天に向け、もう一度背筋を伸ばします。

吐く息で上半身を右足に向けて倒し左手を右足の外側に添えます。

吸う息で右手を天に向けて伸ばします。この時、出来るだけ右に身体をねじります。

目線も右手の指先を見ます。このまま数回呼吸を続けます。

吸う息で身体を起こし、反対側もやってみましょう。

ポイントは以下の3つです。

お腹の真ん中から雑巾を絞るように身体をねじること。

膝を伸ばしすぎないこと。

腕を上げるのが辛いときは腰に添えたままで大丈夫です。

絞るようにねじることでウエストシェイプに効果てき面です。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense