長さ12メートル、幅2.4メートルを超え、一番高いところでは3メートルにまでなる、一本の大木を手彫りして作られたギネス記録の彫刻がスゴすぎ!




中国の彫刻家Zheng Chunhuiさんの作品で、900年前の『清明上河图(Along the River During the Qingming Festival)』という絵をモチーフに何年もかけて掘ったものだそうです。



『清明上河图』は小さな街の中に見られる貧富の差を忠実に表現した作品。その歴史的な絵画の世界を、見事な彫刻としてよみがえらせて世に送り出したのです。



その迫力に圧倒されること間違いなし。人が一体一体細かいこと! 緻密というのはこういうことを言う、って感じ。



現物を見たらもっともっと驚愕しちゃうんだろうなぁ。

40-Foot Hand-Carved Sculpture Earns Guinness World Record[via MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense