フランスはパリのPalais de Tokyoに導入・出展された、度胆を抜くようなオーガニックデザイン。



こちらはブラジル、サンパウロに住むアーティストHenrique Oliveiraさんによるファインアート「Baitogogo」です。枝化した柱の上部と枝化した梁の一部が複雑に絡まり、繋がり、CGでなければ実現できないような不思議な世界観を醸し出すインスタレーション。



柱や梁は白く塗られ、ナチュラルな木の部分は木の色になっています。これは自然の産物なのか人工物なのか、なんだか考えさせられてしまうような迫力です。



合板と枝を使って制作。実際にこういう自然のものは無いにしろ、それがあたかもリアルな自然に見える作風が素晴らしいですね。

まぁでも、ちょっと怖いけど。

Organic Forms from Architectural Elements | Henrique Oliveira [arch2o]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking