SHARE


アフリカ最大の淡水湖、ヴィクトリア湖の中にあるミギンゴ島

サッカー場の2分の1ほどの大きさの小さな岩の島に、131人が密集して住んでいます(2009年の調査による)。波板や木材で作られた家がひしめきあい、この中には5つのバー、美容院、薬局、そしてなんとホテルまで存在しています。





島の住人のほとんどが漁師か、魚の取引で生計を立てている人。

朝には100隻以上のボートが捕った魚を積んで集まり、重さを測ってバイヤーに売る様子はとても活気があるそうです。



魚はケニア本土に運ばれ、そしてヨーロッパなどへ輸出されます。ここで捕れるナイルアカメは需要があり、ウガンダ、ケニア、タンザニアの水産業の中でも数百万ドル規模の重要な水産物なのです。



ちなみにミギンゴ島の200メートル東に、少し大きなウギンゴという島には人はまったく住んでいません。

Amusing Planet

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense