2014年1月17日、パリを拠点にファッションからアート・音楽レーベルまで幅広くて手がけるクリエイティブ集団Kitsuné(キツネ)が、パリ中心部のパレ・ロワイヤル(Palais Royal)に「Café Kitsuné(カフェ・キツネ)」をオープン。Kitsunéにとって、東京・南青山に次ぐ、2店舗目のカフェです。

17世紀に建てられた歴史的建造物の一角にあるこの小さなカフェは、スタンディングコーナーのみ。店内では、白い壁と床やカウンターに使われている木目とのコンビネーションが、シンプルでクリーンな雰囲気を醸し出しています。



コーヒーメニューには、英ロンドンのスペシャリティコーヒー専門店「WorkShop Coffee」で焙煎されたブラジルのコーヒー豆を使用。「Café Kitsuné」オリジナルのカップアンドソーサーでいただくカフェラテは、ほどよいコクと苦みのあるコーヒーとスチームミルクと絶妙にマッチしていて、身も心もほっこり温まります。

また、地元パリの人気ジュースバー「Bob’s Juice Bar(ボブス・ジュースバー)」のジュースや、グルテンフリーで知られる「Noglu(ノグル)」のペーストリーやケーキも販売されていますよ。



カフェのすぐ近くには、ファッションアイテムなどを扱うブティック「MAISON KITSUNÉ(メゾン・キツネ)」もあるので、買い物とカフェを一緒に楽しむのもよさそうです。

Kitsuné Journal [Kitsuné]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense