こちらコペンハーゲンにある、なんの変哲もない壁。車道の脇に全長271メートルの長さで並びます。



この壁を使ったアートを全世界から募るというコンペティションが行われました。見事勝ち取り、壁画を制作したのがアルゼンチンのストリート・アーティストであるHyuroさん。こちらがその制作の様子を収録したビデオ。



Hyuroさんが制作したのは、パラパラ漫画になっている壁画。車でこの道を通り過ぎる人たちの目を楽しませてくれます。



それぞれの壁に、鹿を描いていきます。



少しずつ動きのズレた鹿が、それぞれの壁に生まれていきます。



もちろん、鹿がただ歩くだけではありません。鹿の物語がどうなっていくのかは、是非ビデオでご覧下さい。

[In/between by Hyuro]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking