SHARE


無料で簡単にネットショップが作れるBASEからオススメのプロダクトを紹介していきます。

このペンケース何でできていると思いますか?

実はこれ、東京ドームの屋根に使用されているテント生地でできたペンケースなのです。

ドームやテントなどの膜建築を建設する時、実は大量の端材が生じてしまうのをご存知でしたか?

ロール状の素材からドームのピースに切り出される過程で、その端っこが不要な物となってしまうのです。これらの端材は、特殊な素材で加工が難しく他の用途に使いづらいことから、大量に埋め立て処理されています。



でもこの膜材というのは耐久性、耐水性に優れ、耐火性も備えた非常に丈夫な素材なんです。それを有効活用しているのが「katamaku(カタマク)」というシリーズ。

ドームやスタジアムの屋根として使用されているフッ素樹脂コーティングガラス繊維織物、また、テント倉庫の生地として使用されているPVCコーディングポリエステル繊維織物など、普通のステーショナリーでは珍しい素材を使っています。



手にとるとわかるのですが、縫製や接着剤等を一切使用せず、型抜きした生地を折り畳んで製作しているんですよね。一枚の生地が着物のように折り重なっており、その素材には豊かな表情があることに気付きます。

いつもよりちょっとユニークな素材のプロダクトでエコな毎日を過ごしてみませんか?

購入はこちらからどうぞ。

k2m design store

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense