上の画像、一見するとかわいらしいデザインの普通の小屋のように見えます。

でも、回り込んで見る角度を変えてみると…




いかがでしょう?

小屋の色が白から黒へと変化します。

見る角度によって姿の変わるこのカメレオンハウス、製作したのはスウェーデンのwhite arkitekter

波型の壁面が見る角度による色の変化を実現しています。

しかもこの作品、なんとすべて紙でできており、総重量は100キログラムほどと超軽量



内部はヴィヴィッドな黄色で外壁とのコントラストが際立ちます。





こちらが製作風景。すべてが紙なので材料を持ち上げるのも簡単そう。

「見る角度により変化」する「紙」による建築。建築の新しい可能性が垣間見えます。

white arkitekter constructs chameleon cabin entirely from paperdesignboom

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking