左の写真に映っているのは、2009年に結婚をしたベンとアリ。まだ何もない新居でのウエディングパーティでの記念の一枚。一方、右の写真は2013年にベンと娘のオリビアが「その家」を出ていくときに同じ場所で撮ったもの。

流れた月日はたったの4年。しかし、アリはもうこの世には存在しません。

肺ガンで妻のアリが他界したのは2011年。結婚して2年目。アリはまだ31歳という若さでした。

ベンはこの家に別れを告げるとき、ウエディングパーティで写真を撮影したアリの妹に相談をして、同じような写真をもう一度撮って欲しいと頼みました。当時と同じ家具も何もない家で今度は娘のオリビアと一緒に





ベンはインタビューで「知って欲しいのは、これが悲壮感や喪失感の物語ではないと言うこと。もちろん、それらの感情はまだ僕の中にはある。でも、それがこの写真をとった理由ではないんだ。これは愛の物語なんだよ」とコメント。



写真を撮影した妹のブログでは、そのときの様子を細かく知ることが出来ます。気になる方はこちらをご覧になってみてください。



思い出の家に別れを告げ、新しい生活を歩み始めた2人。「これからの僕たちには辛いときもあるかもしれない。でも、そんなときでもこの写真を見てこう思うことが出来る。この場所で、僕は間違いなく世界で一番ラッキーな男だったってね。たとえそれがほんのつかの間だったとしてもさ」



この写真には、見えない愛がいっぱい詰まってるんです。

The Nunerys. [loft3pd] [visualnews]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense