140116ECspruce

SHARE


薪ストーブの概念が覆されちゃったよ!

斧で割った薪を燃やすのではなく、斧で割る前の木材の状態で、そのまま丸ごと燃やしてしまうストーブ「Spruce Stove」が、大胆過ぎて面白い。



オランダのデザイナーRoel de BoerさんとMichiel Martensさんのコラボ作品。内側が耐熱性のコンクリートレンガ、外側が“ヒレ”のあるスチールでできている、熱がしっかりと外に向かって放出される仕様です。



まっすぐの木材を小さな薪にする必要がなく、スタンドの上に設置して端っこをストーブの中に入れて燃やすだけ。燃えた量に応じて少しずつ材木を奥に押していきます。



もう、薪割り作業も、薪をくべる作業も不要なのです。ただ、どう考えても日本の一般家庭には使えなさそう…。広いガレージであっても、ちょっと住宅事情が異なりますよね。



広いキャンプ場のガレージみたいなところや寒い地域の工場などに導入するには面白そうです。お部屋には普通の薪ストーブがいいですね。

ルーミーで以前に紹介した薪ストーブのメリットもぜひ参考になさってください。

SPRUCE STOVE [HI CONSUMPTION]

140116ECspruce

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense