SHARE


スーパーなどで商品を買うときによく見る、スキャナでピッとするのに必要な「バーコード」。

Wikipediaには、

バーコード(英: barcode)は、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子。数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い一次元のコードに変換し、レジスターなどの機械が読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしている。

とあります。

自分たちからしたら必要ないので、あまりよく見たことはないかもしれません。しかし、日本にはいろんなデザイン性に優れたバーコードがあるんです!

今回は、そんな風に使うのか! と驚いてしまうようなデザインバーコードをご紹介します。










バーコードの模様は壊さないまま、商品の概要をちょっと面白く伝えていて、見ていてちょっとクスっときてしまうようなものがたくさんあります。日本のクリエイティビティはこんなところにも宿るんですね!

他にも何かあるかもしれないので、今度商品を買うときにはバーコードに一工夫が入っていないか、ぜひ確認してみてくださいね。

30 creative japanese barcodes [KoiKoiKoi]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense