SHARE


2013年に行われた山口情報芸術センター[YCAM]の10周年記念祭にて公募企画で誕生したのが、このスポーツ・タイムマシン

なんとデジタル化された動物や他人(自分を含めて)の記録とヴァーチャルで実際に50m走ができる夢のようなマシンなんです。

この企画は第17回メディア芸術祭のエンターテインメント部門で優秀賞を受賞しています。



実際のスポーツ・タイムマシンがこちら。仮想のぞうさんと走っている様子です。象と走ったことある人なんて、日本にはほとんどいないでしょう。アフリカゾウでだいたい時速40km。人間は100mを10秒で走っても時速36km! ゾウとはいえ人間より全然速いんです。

このスポーツ・タイムマシンのコンセプトはというと、

スポーツタイムマシン」は、スクリーンに映し出される昔の記録と実際に「かけっこ」できる装置です。自分の記録だけではなく、家族や友達、動物の記録に挑戦することができます。毎回記録は記憶され更新されてゆきます。この装置でスポーツを通して、過去・現在・未来を横断した継続的な身体コミュニケーションを提供します。

引用元:スポーツ・タイムマシンとは?

以下が遊び方です。



まずは、いっしょにヴァーチャルかけっこする相手をえらびます。



続いて自分の情報を選手として登録します。こちらのサイトで自分の走った記録を閲覧できます。



あとは実際に選んだ相手(の記録)の映像といっしょに走ります。



走り終わったら、自分の走った記録がどのくらいなのかわかるように壁にコメントを付けて貼ります。

残念ながら、企画は既に終了していて現在スポーツ・タイムマシンを体験することができません。ただ、今年もスポーツ・タイムマシンを行えるよう制作スタッフは頑張っているようです。(来年もやるにはどねーしたらいいか考える会議

スポーツ・タイムマシン山口事務局

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense