美しさはおいしさに繋がる。

だからこそ、お箸にもこだわりたい。

熟練した職人さんによる手仕事と、デジタル制御された多軸切削機によって生まれたお箸が「rassen」。

世界でも注目を集めるデザインオフィス「nendo」と400年余り続く塗箸「若狭塗」の伝統を継承する福井県小浜市の「箸蔵まつかん」のコラボレーションによる一品です。



お箸といえば2本が対になっているもの。

螺旋状に切削された「rassen」は、使うときには切り離し、使わないときには互いに絡みつくことで1本となるのです。



シンプルなのになんて美しいのだろう。そして、ピタッと収まるのがまたいい。

まだ、2014年春頃から発売の予定だそうです。詳細は「by│n(バイエヌ)」で。

日本人のたしなみとして「rassen」を持つ。

そんな日を待ちわびて。

rassen」by nendo 箸蔵まつかん

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense