17世紀のルーマニアはトゥルダで掘削されていた岩塩炭鉱「Salina Turda Salt Mines」。多くの富をもたらしたこの炭鉱が、今では一年を通じて観光客が訪れる、人気の歴史博物館スポット「Subterranean History Museum」になっているそうです。



気温は常に11~12℃、湿度80パーセントを保ち、雑菌はほとんど存在しません。



ライトで照らされるそのインテリアの様子は、まるでエイリアンかのように未知の世界観に溢れています。



深さ120メートルをシャフトで降りながらかつては何千トンもの塩がここから出土していたことを思い巡らすと、何とも言えない人類の力強さと歴史的な重厚感が迫ってきます。



底には深海のような美しさを持つ地下水が待っています。

Salina Turda from binecuvantare.ro on Vimeo.

ここも一度は行ってみたい世界名所の一つですね。

salina turda salt mines turned subterranean history museum[via designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking