SHARE

大掃除は汚れたところの掃除だけで終わってしまったという、そこのあなた。 “1年の計は1月にあり”ということで(?)、今月はキッチンを見直してみませんか?

キッチンにまつわるティップスを紹介しているサイト「the Kitchn」で紹介されていた、キッチンを改善するための10の方法をご紹介したいと思います。

1. 保存容器を揃えてラベルを貼る

片付け上手な人には、もはや常識となっている粉類や調味料の移し替え。 保存容器を統一して、ラベルで分類することで、スッキリとした見栄えになります。 ラベルには簡単に付け外しができるマスキングテープがオススメです。

2. 計量スプーンを整理する

引き出しの中に、同じ大きさの計量スプーンが複数あったりしませんか? 持っている計量スプーンを把握し、かぶっているものや使っていないものがあれば、これを機に捨ててしまいましょう。

3. まな板に油を塗る

木製のまな板を使っているなら、長く使えるように、油を塗ります。 1ヶ月にたったの5分。キッチン用品の中でも使用頻度の高いものですから、しっかりとメンテナンスすることが大切です。

4. 包丁を研ぐ

まな板と同様に、包丁は大切なキッチン用品。きれいに研いでおきましょう。 初めは面倒でも、何度かやれば、すぐに習慣化してしまいます。

5. キッチンが狭いなら、DIYで作業スペースを最大化する

キッチンの作業スペースが狭くて、ストレスを抱えていませんか? そんなときは、こちらのDIYレシピで作業台を作り、コンロの上まで作業スペースとして活用するアイデアがオススメです。

6. キッチン用品の収納場所を見直す

鍋やフライパンなど、大切だけど場所を取る、キッチン用品の収納について、見直してください。もし今の収納方法に満足がいっていないなら、一からやり直す覚悟で臨んだ方がいいかもしれません。

7. 照明を付ける

手っ取り早く雰囲気を変えるには、照明を追加することがポイントです。 キャビネットの下を照らす間接照明や、作業台を照らすスポットライトなど、安いもので構わないので、照明を増やしてみましょう。

8. 冷蔵庫にビニール袋を入れない

スーパーで買ってきた袋のまま、冷蔵庫にしまっていませんか? ひとつひとつ丁寧に冷蔵庫へしまうことで、賞味期限を把握できたり、いつの間にか傷んでいたなんてミスを減らすことに繋がります。

9. 消火器を買う

もし消火器がなければ、これを機に買って、キッチンのそばに置いてください。 消火器がある場合は、期限切れになっていないか見直しておくとよいでしょう。

10. キッチンをかわいくする方法を1つ選ぶ

キッチンをすべて作り直す時間やリソースがなくても、1月にキッチンをきれいにしようと取り組み始めるのは、とてもいいことです。 かわいいハンドタオルを新調するとか、いい匂いのする洗剤に変えてみるとか、小さなところから始めてみては、いかがでしょうか。

10 Small Ways to Improve Your Kitchen in 2013 [the Kitchn]


お掃除、整理整頓、洗濯など、家事全般が楽しくはかどっちゃうミュージックはこちら

お片づけがはかどるBGM見つけたよ presented by roomie

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense