SHARE

日本人だから、お茶を飲むとホッとする。

コーヒーや紅茶の専門店で好きな銘柄を選ぶように、日本茶も気軽に選んでみたい。

そんな思いを実現するのが「151E(いちごいちえ)」。



昨年2013年秋に福岡市にできた、まるで雑貨屋さんのようなお茶のセレクトショップです。

福岡にあるデザイン事務所『planning ES』が、商品開発、パッケージデザイン、インテリアデザイン、プロモーションなど、お店全体のプロデュースを担当。



九州の7つのお茶どころから厳選されたお茶手間ひまかけて作られた7つの県の郷土菓子美しい佇まいの茶器などを揃えています。

ぬくもりと清潔感のある木を基調とした店内は、普段はお茶屋さんに足を運ばない人でも、気軽に訪れることができそうです。

九州のお茶の取り揃えにこだわり、各地で栽培されている味、香り、色の違ったそれぞれこだわりのお茶を楽しむことができます。

佐賀県の嬉野茶(玉緑茶)、大分県の豊後大野茶(煎茶)、福岡県の八女茶(煎茶)、福岡県の八女茶(冠茶)、福岡県の八女茶(有機焙じ茶)、長崎県の世知原茶(玉緑茶)、鹿児島県の知覧茶(深蒸し茶)、宮崎県の高千穂茶(釜炒り茶)、熊本県の岳間茶(玉緑茶)、鹿児島県の屋久島茶(和紅茶)、鹿児島県、志布志茶(秋番茶)

パッケージもシンプルでとても素敵。大切な人へのプレゼントにもよさそう。

もっと日本のお茶を身近に。「これ好き!」を探しに。

さあ、「151E」で一期一会!

151E

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense