アイスランドの北西部の海辺に残るHvítserkur(クヴィートセルクール)と呼ばれている巨大な岩。長い年月をかけて侵食され、今に至ります。その姿はまさに遠い昔にほろびた恐竜トリケラトプスに似ていると様々な人たちによって写真が撮影されています。

Photo by Dala roddick

満潮の時ときですね。空の雲とのコントラストがとてもキレイです。

Photo by Anna Guõmundsdottir

こちらは引き潮時でしょうか。人と比べるとその雄大さがよりトリケラトプス感を出しています。

Photo by David Blaisonneau

太陽をバックに影の状態です。とても神秘的です。現地で観たらとても美しいと思います。

Photo by Oddur Jónsson

海側から撮った写真。これからこのトリケラトプスはどこへ向かっていくのでしょうか。

ご興味あるかたはHvítserkurで検索してみてください。アイスランドでも有名な観光スポットなのでたくさん画像や情報が出てくると思います。

Massive Remains of a Volcano Looks Like a Giant Triceratops [My Modern Met]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense