SHARE

名刺はビジネスマンの第一印象を形成する上で、非常に大事なアイテム

世の中にはアイデアが光る変わった名刺がたくさんありますが、今回紹介するのはアメリカからやってきたスゴイ奴。その名もビーフジャーキで作られた名刺「ミート・カード」
 

「ナイス・トゥー・ミート(肉)・ユー」

印字はレーザーで行い、名刺サイズだけに限らず、バースデーカードやポストカード、さらには切って使える(?)連結した名刺などにも対応。サンプルの名刺が、映画『アメリカン・サイコ』でクリスチャン・ベールが演じた殺人鬼パトリック・ベイトマンのものなのが素敵。

ビジネスの世界は弱肉強食。その中であえて肉を差し出すことで最大限の奥ゆかしさを発揮。しかし、相手に強烈な好印象を与え、ビシネスの交渉などがスムーズに進むはず。雪山や絶海の孤島など危険が伴うビジネスシーンでは、遭難した際の非常食にもなるかも!? (本物の肉製ですが食べて安全かどうかは不明)

「ミートカード」は「払いたいだけ+5ドルの配送料」という形で販売中。残念ながら、今のところアメリカ国外には発送していないようです。食品なので輸入はちょっと難しいかもしれません。

【米国発】デキるビジネスマンはビーフジャーキー名刺「ミート・カード」で差をつけろ!/傭兵ペンギン [Kotaku JAPAN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense