SHARE


目の前で炙ったチーズがとろんとろん、伸び〜る。

チーズフォンデュと並ぶスイスの代表的な料理に「ラクレット」というものがあります。チーズの断面を火で炙り、表面がとろけてきたらその部分を削ぎ落とし、ゆでたじゃがいもやパンなどにからめて食べるシンプルなもの。

そう、ハイジのあれです。おじいさんが暖炉の火で炙ったチーズを、ナイフで削りハイジのとろんとパンにかけてあげる、あれです。



チーズの種類もそのまんまの「ラクレットチーズ」。独特な匂いだけどまろやかでコクがあり食べやすい味です。日本のスーパーでは中々お目にかかれませんが、ネットなどのチーズ専門店では売っていますよ。

ラクレットグリルでチーズを焼いて野菜やパンにかけるだけの超簡単料理でありながらオシャレで華があるし、何より美味しい!

この冬休みはラクレットグリルとチーズを買って1人でホクホクと楽しむも良し、ホームパーティーの主役にしても良し。ハイジを思い浮かべながらとろんつるんとスイスのチーズを楽しみたいですね。

デリスイス ラクレットヒーター [Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense