SHARE


なんとも良い香りが漂ってきそうな色とりどりのバラの花、花、花。

これはなんとバラを使ったシャンデリア。大阪市・帝塚山のフラワーショップ『Lucia ambient<ルシア アンビエント>』にあります。



このシャンデリアを手がけたのは、店舗デザインやリノベーションを行う大阪のデザイン事務所「9」。同じく「9」が手がけた1200個の糸引き飴を使った〝飴シャンデリア〟を以前こちらの記事でも紹介しましたが、今度は3000輪のバラ(ブリザーブドフラワー)を使ったシャンデリアを作り出しました。



ブリザーブドフラワーとは、花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜く加工を施した花のこと。生花と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさがあります。



お花屋さんのために、スタッフ総出で花を糸に吊るし制作しました。

こちらのお花屋さんでは、「99」というアレンジメントを提案。「ケーキを選ぶように、花を選べたら」というイメージで考案されたもので、9cm×9cmのボックスにおさめられた様々なフラワーアレンジメントです。




シンプルなボックスのままでも2箱、3箱、4箱、6箱と組み合わせることでオリジナルアレンジが楽しめる仕掛けです。

クリスマスのプレゼントに、豪華なバラのシャンデリアが飾られたお花屋さんで、大切な人に、好きなアレンジメントを選んでもらうのはいかがですか。

9
Lucia ambient

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense