海外での取材が多い私にとって、住み慣れない街を俯瞰できる地図は必需アイテム。もちろん、スマートフォンのナビ機能を使えばどこにでも行ける時代ですが、常にオンライン状態を維持できるとは限りませんし、パケット通信料も気になってしまいます。

そんな私の旅のお供が「Crumpled City Map」。イタリア人デザイナーEmanuele Pizzolorusso氏がデザインしたもので、イタリア工業デザイン協会(ADI)の「ADI Design Index」や「European Consumers Choice」で受賞したことでも話題になっています。

「Crumpled City」(もみくちゃの街)という名が示すとおり、この地図の特徴は破れづらい柔らかな素材でできている点。厚手のペーパーナプキンのような触感で、防水加工も施されています。カバンの中でくしゃくしゃになってしまっても、へっちゃら。雪や雨に濡れても、文字やイラストがにじんだり、消えたりしづらい仕組みになっています。

また、「Crumpled City Map」は、地図のための収納ポーチ付き。私はこのポーチに「Crumpled City Map」のほか、地下鉄の路線図など、公共交通機関の案内図を入れて持ち歩くようにしています。



「Crumpled City Map」は現在、ロンドン・ニューヨーク・パリ・東京・ベルリン・香港など、世界40都市をラインナップ。旅のお供に、ぜひどうぞ。

Crumpled City Map [palomar]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense