これまでに無かった360度、全天球カメラの「RICOH THETA(シータ)」。

前後の両面に魚眼レンズのような2枚のレンズを搭載して、カメラのボタンを押せば一瞬でカメラの周囲360度を撮影してくれるのです。



360度写真の撮影は実に簡単。撮りたい場所で撮りたい時にシャッターボタンを押すだけ。アップルTVのリモコンのような大きさのカメラには液晶ディスプレイは存在せず、シャッターボタンの他には電源ボタン、WiFi接続に使うボタンしかありません。故に難しいセットアップは一切ありません

撮影できた360度写真はWiFiでスマートフォンのアプリに転送(またはWeb上にも公開できる)、スマートフォンからぐりぐり360度の画像を楽しむことができます。また、三脚でTHETAを固定してiOSアプリの「RICOH THETA」にWi-Fi接続して、アプリからシャッターを切ることもできます。

でもスマートフォンからライブビューで画像を見ることはできません。あくまで撮れてからのお楽しみ!…というのがまた面白いのですよね。

私も何度か、THETAの撮影現場に居合わせましたが、新感覚の写真体験です。パーティーとか、例えば渋谷の交差点とか、たくさん人がいる方が面白そうでした。

その場の空間全体を1枚の画像に残して、スマートフォンでぐりぐり動かして見てみる、実に未体験ゾーンの写真でした。皆で撮って写真をシェアすれば、盛り上がること間違いなしです!

[RICOH THETA]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense