SHARE


日本の伝統工芸×ヒノキのスピーカーであたたかな音楽体験を。

徳島の伝統工芸である阿波しじら織と、徳島産のヒノキでできたスピーカーは、香りも見た目も癒され、手軽でいて本格派。木目や色調にもこだわった、職人さんたちの手仕事が光る仕上がりになっているのだそう。

iPhoneやiPod、スマートフォンや携帯音楽プレイヤーやパソコンにつなぐだけで、音楽をいい音で楽しむことができます。

スピーカーが前面にあるタイプと左右のサイドにあるタイプの2種があり、しじら織りの布の部分は、「紅梅」、「青藤」、「虹」、「常磐緑」があり、いずれも優しい色合いでホッとするデザインとなっています。

実際に音を聞いてみたい方はこちら。

oto from Becttle on Vimeo.

大きなスピーカーはインテリアの1つ。そして、こんな風に小さなスピーカーだって、お気に入りのものを使いたい。

日本の伝統工芸とたおやかな香りのヒノキのコラボレーション。

音楽タイムに、さらに豊かさを与えてくれそうな気がします。

しじら檜スピーカー by Yoshimoku [吉崎木製工業株式会社]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense