模型ではありません。フォトショでもありません。



アイル諸島とイギリスに囲まれた「マン島」にあるLaxeyという村の「The Great Laxey Wheel」。世界で最も大きく、まさしく生き残りとも言える歴史ある「稼働する水車」なのです。

島の支配者の妻の名をとり「Lady Isabella」とも呼ばれています。



鉱山から水をポンプするために1854年に建造。150年にもわたり観光客を楽しませています。



ホイールの大きさは直径約22メートル。鉱山は1929年に閉じられましたが、その後も観光客の脚は衰えず、1965年には政府がこの施設を買い取ったそうです。



ホイールとロッドの部分は「木材」で出来ています。1989年に修復作業がなされていますが、150年も前の建物とは思えないほど頑丈なつくりです。



とても見応えのある観光スポット。遠くから眺めてもこの迫力。これは直にこの目で見てみたいですね。

THE GREAT LAXEY WHEEL [via Well Done Stuff]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense