SHARE


これまで、何度もトライはしたけど、どうしても続かない。日記って、そんな人が多いのではないでしょうか。

毎日学校や仕事に行って、だいたい同じような人と話して仕事をして帰ってきて。敢えて書き記したくなるハプニングなんて、そうそうは起こりません。多忙な毎日、微妙な心情をじっくり振り返って書き記す時間もない。

そこで、おすすめしたいのが「Keel’s Simple Diary



ページを開くと、通常の日記とは違って、色々な質問が書いてあります。それも、へんてこな質問ばかり。例えば…

今日なあなたの一日はどんな日だった? シュニッツェル or バルコニー or 大惨事

とか

あなたは、今から最高のホリデーを迎えることができるというのに、あなたが考えていることといったら___

なんていう。



実はこれ、だいぶ前に日本でも大流行した「All About Me」シリーズの作者によるもので、Taschen社のベストセラーのひとつ。

想像もつかないような角度からの質問に毎日答えていくことで、少しずつ自分の中のクリエイティビティが引き出されそうな予感。それに人間ってあまのじゃくだから、「これです」と与えられると、それ以外の自分の心情も書き出してみたくなったりするかも。



現在、ボリューム2まで発売されています。色もかわいいし持ち歩きたくなりますね。

日本語版はまだないようですが、面白い表現が満載なので英語の勉強にもおすすめ。TASCHENのウェブサイト、またはアマゾンから購入可能です。

Keel’s Simple Diary  [TASHCEN]
Keel’s Simple Diary official site

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense