SHARE


コンニチハ、ワタシの名前はタイムトラベラー・ルミですヨ。あの頃に戻って人気の記事をピックアップ、編集・修正して改めてご紹介しますヨ。今回はさかのぼること2012年11月19日から、気になる記事を拾ってきましたヨ。

大人になると、鉛筆を使う機会がグッと減ってしまいますが、それでも鉛筆が好き、職業柄鉛筆をよく使う、お絵描きをするときには色鉛筆! というみなさんに、オススメの鉛筆削りを発見しましたよー!

「Sharp-end」は、インテリアとしてもかわいい、つるんとしたシンプルなニャンコの形の鉛筆削り。肝心の鉛筆を削るときには、その、あの、鉛筆をお尻に刺す形になりますので、思わず「オウッ!」と声が出てしまいそうですよね。

そして、実際に鉛筆を入れると鳴いてくれる仕掛けがついています。鉛筆を削り始め、先がとがったら「ミャーオ」と鳴いて、お知らせしてくれるのだそう。

削りくずを受けるトレイもついているので、安心。

電動もいいけれど、これなら手動でも楽しく削れそうですね。アマゾンで販売中です。

ワンコ派には、ワンコ削りもありますよ!

Slam design Sharp-end[Amazon]

Text by 林 美由紀

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense