SHARE


この世界から分岐し、並行する別の時空の世界を指す「パラレル・ワールド」。その入り口をくぐると、異世界にある同じ場所に行ってしまうために、この世界からは姿が消えるとされています。



そんなパラレル・ワールドへの出入口なんてあるものかと思いますが、フォトグラファーのChristopher Ryan McKenneyさんは、見つけてしまったのです、そのような出入口(に見える)フォトアートを!



マスクをしている男性のその様子もシュールなのですが、下半身が消えていたり窓枠の向こう側にだけ姿が見えていたりと、どこかとても違和感を感じるミステリー調のフォト加工アート



もちろん実際にはパラレル・ワールドなんて確認されてはいないのですが、こうして体が消されているだけで、そこに異次元が存在するかのような視覚的効果になるとは驚きです。



フレームと布を持って撮影し、被写体無しで撮った写真と合成すれば、このような写真が容易に作れる時代になってしまいました。



分かってはいるんですが、なんかドキドキしてくるシュールでクールな作品ですね。他の写真も下のネタ元リンクよりご覧ください。

Surreal Images of Faceless Men Stuck Between Two Worlds [MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense