SHARE

photo by Ahmet Şahin

世界には、自然が作り出す、とんでもなく美しい造形というものがあります。

トルコ西部にあるユネスコの世界遺産「ヒエラポリス・パムッカレ」は、石灰岩で出来た天然の温水プール。かつて多くの人々がここで温水浴を楽しんだと言われています。


photo by Malc C


photo via Fraile

35~100度のお湯がたまった17のプールが存在するようですが、なんといってもターコイズブルーの水と真っ白い石灰岩のコントラストが美しい。


photo by Werner Bohm

大勢の写真家がこの見事な自然の産物をフィルムに収めているんですね。


photo by Ana Raquel S. Hernandes


photo via ukrvneshtorg

ウィキペディアによれば、「綿の宮殿」を意味する「パムッカレ」という地名は「石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。現在は遺跡が残る」とのこと。この棚田の上に円形劇場の遺跡があるのだそうです。

ぜひ足を運んで自分の目で見てみたい景色の一つですよね。

Gorgeous Turquoise Pools of Pamukkale, Turkey [MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense