SHARE

「はぁ…クリーミー…落ち着く…」

最近はめっきり冷え込んで、帰宅後一番の楽しみはバスタイムだったりしますよね。


【医薬部外品】薬用入浴剤(食べ物ではありません)[疲れ・冷え症に]

最近CMやツイッターなどで見かけるワード「バブチーノ」。以前にもルーミーでご紹介した、頑張った一日の終わりにバスルームでしあわせな時間を過ごすための入浴剤です。



ワクワク・ドキドキ新感覚の気持ちよさが味わえる「バブチーノ」。普段から入浴剤をよく使うというイラストレーターの黒坂麻衣さんが試してみることに。

そもそもバブチーノってなにかというと、花王から今秋に発売された、カプチーノのようなクリーミー泡が楽しめる炭酸入浴剤です。

おなじみの「バブ」と「カプチーノ」で「バブチーノ」。温浴効果をアップする炭酸タイプの入浴剤で、保湿成分が配合されているのでお肌もしっとり。いま人気の入浴剤です。


【医薬部外品】薬用入浴剤(食べ物ではありません)[疲れ・冷え症に]

香りは「ホワイトローズ」と「ミルキーラベンダー」の2種類。香料中には天然エッセンシャルオイルが使用されています。

5回分入ったボックス1回分の1包があります。まずは2種類の香りを1包ずつ買って比べてみるのもいいかも。


※ 実際は直接お湯に投入してください

中身はサラサラのパウダーです。開封するとふわっと香りが広がります。

では、さっそくお湯に投入してみます。今回はミルキーラベンダーで試してみました。



ここでバブチーノの楽しみ方を改めてご紹介します。大きなポイントは3つです。

① 入浴する直前に入れること

② 浴槽全体にばらまかず、一包を一か所に投入すること



③ バスタブの底に粉が残ることがあるので、下まで手を入れてゆっくりかき混ぜる 

※ ここでバシャバシャ混ぜると泡が消えちゃうので、ゆっくりやさしく

30~60秒後、マイクロ炭酸泡がシュワ―っとお湯の中で広がっていき、少しずつ湯面にクリーミー泡が広がります。



「うわぁ…トロトロでクリーミー…」

ミルキーなラベンダー色のお湯の上にうっすら白くクリーミー泡の層ができて、ラベンダーの香りがバスルーム全体に広がります。



お湯に手を入れると、きめの細かい泡にうっすら肌が覆われます。

手の中に泡を集めてみたり、腕にまとわせてみたり。「クリーミー泡とラベンダーの香りでなんだかやさしい気分になります…」と黒坂さん。

泡は5分ほど持続して、徐々に消えていきます。泡が消えても温浴の効果は約2時間続きますよ



バブチーノといえば、クリーミー泡と香りだけではなく“うるおい温浴”も気になるポイント。マイクロ炭酸泡がお湯に溶け込んでお風呂の効果を高めるので、冷え症に悩んでいる人疲れが溜まっている人にオススメです。

お湯にうるおい成分が溶け込んでいるので、湯上がり後はしっとりすべすべのお肌に。



「いい香りでリラックス気分…」

ホワイトローズの香りも試してみたところ、バスルームいっぱいに女性らしいやさしい香りが広がりました。乳白色のお湯に白いクリーミー泡で見た目にもドリーミー。バラを浮かべてほんわか夢心地です。


※ 画像はイメージです

「自然の中にいるようなやさしいローズの香り。お風呂あがりにもカラダから優しく香るのが好き…」と黒坂さん。湯上がり後も楽しみが続きます。


Illustrated by Mai Kurosaka

頑張った1日の終わりに、寒い日や乾燥しがちなお肌に。バブチーノひとつで、いつものバスルームがしあわせ気分の空間に早変わり。

黒坂さんは「仕事などで疲れたときや気分転換したいときにバブチーノしたいな…」とうっとりつぶやいていました。

この冬、自分への小さなご褒美として、おうちに常備しておきたいアイテムです。

花王|バブチーノ

Photographed by 木村 和平

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense